過払い請求を学ぶためのサイト
サイトタイトル

過払い請求のやり方

実際に過払い請求する方法をご紹介します。

一番簡単なのが行政書士、弁護士に依頼することです。
ただし、着手金や成功報酬金などの依頼料が発生し、
それだけでも結構な額になってしまいます。

例えば着手金についてですが、
融資を受けている業者一社ごとにお金をとるところもありますし、
基本報酬は基本的に一社ごとに4万円以上請求するところが多いです。
さらに返還された過払い報酬の20%以上を請求してくる所がほとんどで、
金融業者4社から50万円を回収できたとしても、
25~30万が依頼料として消えていきます。

これってなんだかすごく損ですよね・・・。

そのため結構面倒で大変なんですが、
自分で過払い請求をしたほうがいいんですよね。
実際にどのようにして進めていくのかをご紹介します。

1:借金を全て確認する。

過去数年にわたって融資を受けた業者をすべて洗い直してみましょう。
いつ、どこの業者から、いくら融資を受けたのかがわかればOKですが、
最低でも業者名といつ頃かがわかれば大丈夫です。

2:取引履歴開示請求をする。
融資を受けていた業者に倒産・廃業していなければ取引履歴を請求します。
このとき業者によって対応は様々で、とりあえず電話することが大切です。

すんなり送ってくれるところもあれば、嫌がるところもあります。
後者の場合は、内容証明で改めて請求しましょう。
それでも情報を開示しなければ、後で訴訟になったときに有利になりますし、
損害賠償請求することも可能となります。

3: 引直計算をする
無事に取引履歴が届けば、
ネット上に公開されている計算するためのエクセルなどを用いて、
引直計算をしましょう。

4:請求するか検討する
計算した結果、支払いが完済していればすぐに過払い請求されるといいのですが、
もし残債がある場合は、一度検討し直しましょう。

なぜなら、過払い請求した場合、
業者からは一括返済することが求められるからなんですね。
そのため、もうしばらく返済を続けて残債が減ってから返還請求するっていうのも
ありでしょうね。

5:電話で過払い請求をする
ここでも業者には一度電話で過払いを請求します。
業者によっては電話だけで対応してくれるところもありますが、
書面を郵送してくれというところもあります。

後者の場合は、内容証明郵便で送りましょう。
もし届いていないと言われても証拠になりますからね。

6:後は業者の返答次第
返答に満足出来れば和解ですが、
基本的には満足できないと思われますので、粘り強く交渉しましょう。
それでも満足できる返答が得られないなら、訴訟に踏み切りましょう。
ちなみに、訴訟に踏み切ったことで相手が折れることもありますよ。




Copyright(C) 2012-2013 "過払い請求を学ぶ"
All rights reserved.